あなたの欲望を満たしてくれるセクキャバを楽しむ方法

SITEMAP
バニーガール

女の子と触れ合えるセクキャバの基本料金の相場はどのくらい?

壁に寄り掛かる女性

セクキャバに興味を持ってどのお店に行こうか考えているときに男性を悩ませるのがその利用料金です。近年ではほぼ全てのセクキャバでコース料金やセット料金が設定されており、入店前に必要な予算が分かるようになっています。その為に事前に自分が行きたいセクキャバが決まっていれば料金を調べることは難しくはありません。しかし初心者の男性にとって、どんなセクキャバが自分好みであるのかを見極めること自体が難しいです。またセクキャバを初利用する男性にとっては料金が高いか安いかを判断することも、どうしても難しいものがあります。もちろん地域によって差はありますが、一回のコースやセットが40分程度で5,000円以下のセクキャバは、格安のセクキャバだと考えて間違いありません。一般的なセクキャバの基本料金は概ね10,000円程度となっており、これは指名料金やオーダー料金を含めない標準金額です。もしあなたがセクキャバで自分好みの女の子を指名して、オーダー等も含めて全力で楽しみたいと考えているのなら20,000円程度の予算は欲しいところです。逆に飲み物はフリードリンクにして、女の子へのお触りだけが楽しめれば良いと考えているのなら10,000円程度の予算があれば十分です。事前にセクキャバに必要な予算を知っておけば、気負うことなくセクキャバへ入店出来るようになるでしょう。

コンセプト居酒屋へ行くならお触りできるセクキャバへ行こう

最近巷では普通の居酒屋とは一風変わったコンセプト居酒屋という飲食店が人気を集めています。その中でも女性店員がセクシーな格好をしたコンセプト居酒屋は男性からの人気が非常に高く、一度は入店してみたいと考えたことがある男性もいることでしょう。しかしながらコンセプト居酒屋は結局のところ居酒屋であり、女性店員と会話をしたりその体に触れたりすることは出来るはずもありません。女性の色気を求めてお酒が飲めるコンセプト居酒屋に向かうくらいなら、最初から女性の体に触れることが前提であるセクキャバへ入店した方が格段に楽しい時間が過ごせるはずです。セクキャバとはキャバクラにセクシー要素を追加した飲食店であり、簡単に説明すれば女性へのお触りが許されているキャバクラのことです。居酒屋よりフードメニューこそ少ないですが、アルコールメニューは多彩なものが取り揃えており、お酒をメインに楽しみたいのなら何の問題もありません。さらにセクキャバでは女性が同席して自分一人の為に接客してくれるので、コンセプト居酒屋のように遠めにセクシーな女性を眺めるだけで我慢する必要もありません。飲食しながら女性とおしゃべりしたり触れ合ったりしたいときは、コンセプト居酒屋へ行くよりも濃密な時間を楽しむことができるセクキャバへ入店した方が遥かに幸福な時間を過ごせることでしょう。

住んでいる地域でセクキャバを見つける方法

セクキャバへ行きたいという思いを持っているのにも関わらず、自分が地元とする地域にはセクキャバがないと嘆いている男性はいるのではないでしょうか。実のところ日本では全国各地にセクキャバが点在しており、セクキャバが少ない地域はあれども全く存在してしない地域というのはほとんど存在しません。そのような状況でありながらも地元にセクキャバを見つけられない原因には、セクキャバの別名の多さが影響しているのかもしれません。セクキャバはセクシーキャバクラの略称であり、女性に対して少しだけ卑猥な行いを楽しめるキャバクラのことを意味しています。しかしこのセクキャバには多くの別名があり、単純に違う名前で営業をしているというだけでなく地域によって全く違う呼ばれ方をしていることもあります。例えばおっぱいパブやハッスルパブと呼ばれる店舗では、セクキャバとほとんど同じサービスが提供されています。その他に東北ではセクキャバのことをニュークラブ、関西ではツーショットキャバクラ、九州ではラウンジと呼ぶ場合もあります。また似ているように思えても、セクキャバとキャバクラやガールズバーは全くサービス内容が異なります。地元のセクキャバが見つからない場合には、セクキャバ以外の別名で検索をすることを覚えておくようにしましょう。

新着情報

最新記事一覧